善玉菌を増やして免疫力up!

2020年01月11日

善玉菌を増やして免疫力up!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インフルエンザは1月がピーク!

身体の内側からも対策が必要です。

 

 

 

 

 

身体の免疫細胞、約6割は腸にあり!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸内環境は、

腸に棲みついている約1,000種類

100兆個〜1,000兆個ある

といわれる腸内細菌によって左右されます。

 

 

 

 

 

腸の中は、

【善玉菌】

【悪玉菌】

そのどちらか優勢の方につく

【日和見菌】

の3つに分けられます。

 

 

 

 

バランスは

 

善玉2:日和見7:悪玉1

 

「良い腸内環境」

ということになります(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この黄金比だと免疫力も

グッと高まるんですよ。

なので腸内環境整えることは

とっても大切です。

 

 

 

 

 

 

腸内環境が悪くなってくると、

まず現れてくるのが

「お腹の不調」です(>_<)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腸内細菌のバランスがよい時は、

小腸で食べたものから栄養素や水分を

しっかり吸収して、

残りカスが大腸へと送られていって

便となって排出されます。

 

 

 

 

 

 

◆悪玉菌が増えている時は◆

 

 

 

 

大腸で便が滞るようになります(>_<)

これが便秘です。

 

 

 

 

 

【便秘】は、

悪玉菌の出す毒性物質によって

腸管が麻痺してしまって、

大腸の蠕動運動を鈍くしてしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

腹筋(インナーマッスル)が衰えてくると

蠕動運動を鈍くしてしまうので、

筋力低下も便秘になりやすい

原因となります(T-T)

 

 

 

 

 

【下痢】

になってしまうこともあります。

下痢は便秘とは逆に蠕動運動が

活発になり過ぎることで起こります。

 

 

 

 

 

 

悪玉菌が作り出す大量の有害物質を

早く排出しようとするのが原因の1つで、

大腸で水分が十分に吸収されずに、

便が柔らかくなってしまいます。

体にとって悪いものは、

早く出した方がよいのですが、

有害物質だけではなく

善玉菌まで流されてしまって

腸内環境はさらに悪化してしまう

という訳なんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆善玉菌を増やすには◆

 

 

 

 

ズバリ!乳酸菌!!です。

乳酸菌は、善玉菌の一種なので、

応援部隊という感じです(^^)

乳酸菌は、出来れば、【植物性乳酸菌】が

繊維質を含むので良いですよ。

胃酸などの過酷な環境にも強くて、

生きたまま腸に届くんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

食物繊維は、

乳酸菌を働きやすい環境に整てくれる

無くてはならないものなので一石二鳥ですね(^^)

《納豆、味噌、醤油、漬物など》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

便秘も下痢もどちらも、

健康にとっても美容にとっても大敵です!

 

 

 

 

 

ちなみに私は、夜ご飯を、

19時以降に普通に満腹食べてしまうと、

翌日はなんかスッキリしない腸になってますね。

やはり腹8分目が良いようです(^^)

 

 

 

 

 

では、また次回をお楽しみに〜♪

 

 

 

 

トータルケアmimi

花渕妙子☆

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ