寒暖差アレルギー

2019年02月27日

寒暖差アレルギー

 

 

 

 

1

 

 

 

 

 

 

最近、昼間はポカポカ陽気だったり、

冷え込んだりと気温の差が激しいですよね。

 

 

 

 

春は自分で思ってる以上に

体はついていっていない人が多いですcrying

 

 

 

 

この寒暖差で風邪をひく、

風邪をひかないまでも

体調がすぐれないという方も

多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

寒くなるときの寒暖差疲労や

寒暖差アレルギーは

気温差が『5℃以上』

あると起こります(><)

 

 

 

温度計

 

 

 

 

寒暖差アレルギーは花粉症でもないのに、

鼻水、くしゃみ、咳、蕁麻疹

などが出たりするのが特徴です。

 

 

 

 

6808b

 

 

 

『-7℃』でレッドカード❗️

 

 

 

 

自転車に乗るときは手袋やマフラー

があるといいですね。

 

 

 

boukangu

 

 

 

 

体が温かくなったら、

汗をかき過ぎないように調整してみてください。

 

 

 

 

理由は、

体温を一定に保ってあげること

が大事なんです。

 

 

 

 

 

寒かったり暑かったりすると、

自律神経が『ONとOFF』

の調節で忙しくなってしまって

体の弱い人ほど対応出来なくなって

体調を崩してしまいます。

 

 

 

 

なので、

春先は暖かい日でも、

ストールや日焼け用の手袋などで調節したり、

生姜など、血行のよくなるものを食べたり、

夜はお風呂でゆっくりと温まったりすると

効果的ですね。

 

 

 

p_sesqui_bath

 

 

 

 

 

自律神経は、

リラックスすると調子を取り戻してくれるんですよlaugh

 

 

 

 

予防と一手間・一工夫で、

今からの季節を乗り切りましょうねlaugh

 

 

 

 

 

heart花渕妙子heart

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿