水と腎臓の働き

2018年12月4日

水と腎臓の働き

 

 

 

 

mig

 

 

 

 

 

寒くなってきてお水の量が

減ってきていませんか?

 

 

 

 

水を飲むとすぐにトイレに行きたくなるから、

なるべく飲まないという方

水を飲むのは最高のデトックスですよ(*^∀^*)

 

 

 

 


お水を飲んで、

尿意がきたらトイレに行く。

 

という何気ない行動。


このとき、尿はどこで作られているか…

 


もちろん『腎臓』ですsmiley

 

 

 

 

 

fig1

 

 

 

 

 

今回は尿を作って、

にっくきセルライトの原因にもなる老廃物を

出してくれている

『腎臓』

についてお伝えさせて頂きます☆

 

 

 

 

 

尿はどうやって作られるのでしょうか?

体の中に流れている血液は全て、

循環をするために腎臓に送られて、

クリーニングします。

 

 

 

 


腎臓でクリーニングしないと、

 

いらない水分や老廃物が溜まってしまうんです。


腎臓血液の中に含まれている不必要なもの

大量の水分(1日で約150Lほど)

ろ過します。

 

 

 

 


ろ過されて、

 

まだ必要なものと水分が99%再吸収され

 

それらは、全身をまた巡っていきます。


そして、

 

残りの要らなくなったものを

 

尿(1日で1~1,5L)として排泄します。

 

これが尿が作られるシステムです。

 

 

 

 


さらに腎臓には、

体の水分の塩分濃度を一定に保つ

働きがあります。

 

 

 

 

水の摂取量が少なければ、

尿を濃縮して量も減ります。

たくさん飲めば、

尿の量を増やして

体の水分バランス・塩分濃度を整えますsmiley

 

 

 

 

 


お酒を飲むと、

すぐにトイレに行きたくなるのは、

お酒によって体の水分量が増えるので、

塩分濃度を一定に保つために、

腎臓がすぐ尿を作るからなんです。

 

 

 

 


腎臓は働きものですね(^o^)

 

 

 

 

 


ちなみに、

 

1日の平均トイレ回数は6~7回です。


これより少ないという人は、

 

1日に水を2L飲むよう意識して

 

体のなかの水分を調整していきましょうね☆

 

 

 

 

 

老廃物も流れるので、

ムクミにくくなりますよlaugh

 

 

 

 

では次回をお楽しみに♪

 

 

 

 

 

トータルケアmimi

heart花渕妙子heart

 

 

mimi-maeike@miracle.ocn.ne.jp

 

0120-967-114

072-725-5712

 

 

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿