アルコールと血中濃度とムクミ

2016年12月26日

【アルコールと血中濃度とムクミ】

 

p309

 

 

これから年末年始はお酒を飲む機会が

増える方もいらっしゃるかと思いますので、

今回はアルコールを飲む時の注意点を

少しお伝えさせて頂きますlaugh

 

 

アルコールは、

水分代謝を活発にする働きがあるため、

お酒を飲みすぎると、

体の水分が失われ

血液の濃度は高くなります。

 

 

年配の方は、脳梗塞になりやすくなります。


※年齢が増すにつれ、

体の水分少なくなってきます。

 

その上、

普段から水を飲む習慣がないと、

体の中はカラカラの状態なので、

詰まりやすいということです。

 

 

体は危険な状態にならないようにと、

血管内に水分を取り込み、

血液の濃度を低くしようします。
このとき、取り込んだ水分の一部が、

むくみになってしまうんですよ(>o<)

 

 

さらに、

塩分の高いものを摂ると

『体の水分量を調整するナトリウム(塩の成分)の作用』

『お酒の利尿作用』

で、

のどが渇いて水分を欲しがってしまいます。

 

 

そんな状態で寝ると、

睡眠中に抗利尿ホルモン(尿を作るのを抑えるホルモン)が増え、

体に余分な水分があるのに、

このホルモンのおかげで

尿がつくれない状態になってしまうんです。

 

 

すると、

夜トイレに行かずにすみますが、

体に水分がたまって、

朝起きたときに顔がパンパンにむくんだ状態に…(ToT)

 

 

むくんでしまったら、お水を飲んで、

お風呂に入って汗を出したりして

対処されるといいと思います。

 


それでもムクミが引かない人は、mimiに来てください(^^)

 

飲まれた日は、

必ずコップ1杯の水を飲んで寝てくださいね。


そしてトイレに起きたら、

また水を飲んでくださいね。


朝起き抜けも、

しっかり水を飲みましょう(^^)

 

 

では、

楽しい年末年始をお過ごしくださいませ(*^^*)♪

 

 

 

また次回をお楽しみにヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

トータルケアmimi

heart花渕妙子heart

 

 

0120-967-114

072-725-5712

mimi-maeike@miracle.ocn.ne.jp

 

 

heartお仕事を探されている方へheart

スタッフ募集中heart見学大歓迎yes

https://relax-job.com/job/B5457718

 

 

smileyトータルケアグループ会社HPsmiley

http://www.karadabalance.net/

 

smileyトータルケアグループ求人HPmail

http://www.asahi-recruit.com/index.html

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿