冷えのぼせ①

2016年10月31日

『冷えのぼせ』

 

だいぶ気温も下がってきて、秋も深まりつつありますね。

やっと秋っていう感じですね(笑)

 

気温は下がってきていますが、

普段のお洋服はまだ足首を出している方も多いのではないでしょうか?( ˘ω˘ )?

 

 

手足は冷たいのに、上半身や顔がいつも暑い、火照る感じ、、

こんな症状の方はいませんか?

 

これは代謝が良くて暑いのではなく、

『冷えのぼせ』

の症状です(>_<)

 

上半身が暑くても、足を触って冷たいようでしたら、

『冷えのぼせ』

です。

 

この状態の場合、

上半身と下半身に極度な温度差が発生した状態が続いているんで、

体にとってはあまりよい状態とはいえないんです。

 

そして『冷え性』や『更年期障害』とも違います!

原因は冷えによる血行不良!!

 

『冷えのぼせ』になってしまうと、

頭痛が頻繁に生じる・頭がボーッとするなどの

体の不調を引き起こしやすくなります。

 

身体は本能的に頭部の温度が下がらないように、

手足の末端の体温を下げるので、

冷えやムクミ、血行不良の状態になってしまいます。

それが続くと、

頭部が熱くなって、

手足の末端が冷えた状態の『冷えのぼせ』

起きてしまうということになるんです。

 

冷えのぼせ の状態は、

交感神経と副交感神経が通常よりも頻繁に働くので、

「自律神経失調症型の冷え」とも言われています。

冷えのぼせの状態が続くと、生理痛やめまいなども起こるんですよ(>_<)

 

ということで、下半身が冷えている人は、

インナーや温かい飲物や食べ物を摂ったりと、

意識的に温めてあげてくださいね( ˘ω˘ )

 

『冷えのぼせ』シリーズ

次回に続く。。♪( ´θ`)ノ

 

トータルケアmimi

花渕妙子

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿