自律神経

2016年07月3日

体内時計の続きで、
今回は「自律神経」についてお話しますhappy01
 
 
 
自律神経は「交感神経」と「副交感神経」で
構成されています。
 
 
簡単にいうと、
「交感神経」とは緊張状態
「副交感神経」はリラックス状態
というように全く逆の働きを受け持っています。
 
e2c51d42.jpg
 
 
例えば、仕事中や家に帰るまで全然お腹は空いていなかったのに、
家に着いたとたん急にお腹が空いて、いっぱい食べてしまった…
なんてことはありませんか?
 
 
これは、仕事や学校、スポーツなどで、
集中・緊張しているときや動いているときは「交感神経」が働きます。
 
 
家でリラックス状態になると、
空腹を伝える「副交感神経」が働いて、
すご~くお腹が空いて、食べなくてもいいのに食べ過ぎてしまう…
なんてことが起こるんですcoldsweats02
 
 
この「交感神経」「副交感神経」の勤務交代がスムーズに行われることが、
「体内時計」が正常に働いているということになります。
 
 
「体内時計」が正常に働くと
「脂肪燃焼サイクル」も正常に働くんですよhappy01
 
 
食事の時間が不規則、睡眠時間が足りない…
などの不規則な生活をしていると、
当然、自律神経も乱れて、「脂肪燃焼サイクル」も狂ってしまうんです。
 
 
その結果、同じ努力をしても効果の出方に大きな差が出てしまうんですねcrying
 
 
あと、緊張の高い方はONとOFFの切替えが苦手なんですbearing
女性に多いんですよ。
 
 
肩こりにひどい方や、背中がパンパンに張っている方は
寝ていてもリラックスしにくい
というか、出来ないので、
いつも緊張状態で、緊張したまま寝ています。
 
緊張状態で寝ていては、疲れが取れるどころか、倍増していきますwobbly
 
 
そんな方は、ご自分に合ったリラックス方法を
見つけるといいですよnote
 
E1323668884034_1.jpg
 
 
こんなお風呂は無理ですがcoldsweats01
 
086f72fe.jpg
 
この猫ちゃんは、これでリラックスしているようですcatface
 
 
例えば、
heart01『リラックスしよう~♪』と、声を出して自分に声をかけてから寝るsleepy
heart01この香りをかいだらリラックスする
など…
 
 
 
flair昼寝は30分以内ですよclock
寝すぎると、夜、寝れなくなりますから、気をつけてくださいねsmile
 
150218sleep-thumb-640x360-84405.jpg
 
 
 
では次回の配信もお楽しみに~happy01paper
 
 
 
トータルケアmimi
花渕妙子clover
 

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿