夏バテ予防!

2016年06月14日

こんにちはsun
 
梅雨らしい天気といいましょうか、蒸し暑いですねgawkcloud
 
今年の夏は猛暑という うわさも…shock
 
 
そこでsign01夏バテ対策をお伝えさせてもらいます(^o^)/
 
 
 
夏バテ予防としてとても大切なことは、
cute「内蔵を冷やさない」ということです。
 
 
暑い日が続くと、冷たいものを食べたり飲んだりするのが多くなりますよね。
内蔵を冷やすと「だるさ」を生んで、体が疲れて代謝も悪くなってしまいますwobbly
 
 
暑いと、冷麺や素麺を食べること多くないですか?
これらは「炭水化物」ですsign03
手軽に食べれて涼しくなるので、夏場の定番メニューではありますが、
夏場、体重が増えるという方は、のど越しのいい炭水化物を多く口にしていることが
多くて、そんなに食べてないのに体重が減らないといことになってしまうんですcrying
 
63989_original.jpg
 
そして、冷たいものを摂りすぎると胃袋にセルライトがついてしまいます(>_<;)shock
なので暑いといえども、積極的に温かい食事を摂るようにしてみてくださいねspa
 
9bd3416a.jpg ice639.jpg
 
 
cute適度に汗をかく
 
冷房のきいた部屋に1日中いて汗をかかない、
普段から汗をあまりかかない、
なんていう方もいらっしゃると思います。
私たちの体は汗を出すことで体温調節をしているんです。
 
特に、湿度が高くなると汗の蒸発が妨げられて、
水分や熱が体内にこもり、疲れやすくなってしまいます(>_<;)
その水分や熱、さらには老廃物を排出するために、
適度な汗をかくことが大切なんですflair
 
気持ちいい程度の運動(ウォーキングなど)をして適度に汗を流しましょう。
また、ウォーキングでも、水中でのウォーキングは負荷も少なく、
運動から遠ざかっている方や、お膝の痛い方などにもオススメですよhappy01
運動をすることで循環を良くして、溜め込まないからだにしていきましょうgood
 
cute水を飲む
 
夏場の水分不足は脱水症状を招いてしまいやすくなるので、こまめに水分補給してくださいね。
のどが渇いたからお水を飲む…
それでは脱水症状になる一歩手前なんです( ̄□ ̄;;)
お水はのどが渇く前ですsign01
 
※お年寄りと子供さんは、のどの渇きと体の乾きが比例しないので、
のどが渇いたと感じた時は、体はカラカラに干上がっている状態になるので
気をつけてくださいね。
 
お水を飲むと代謝が上がるので、目指せ2リットルですup
 
 
暑さと湿度のWパンチrockwobbly
しっかり対策をとって、この夏を乗りきっていきましょうねhappy01rock
 
 

では次回もお楽しみに?♪( ´θ`)ノ

 

トータルケアmimi

花渕妙子clover

 

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿