噛む回数を増やす??

2016年06月12日

こんにちはsun

くちなし の花の香りが、あちらこちらでしてきますねnotes

2d4a8c66aae3f72dd24cb5fbe9c154a1_l.jpg

 

今日は『噛む回数を増やすsign01』ですhappy01

 

同じものを食べているのに、「太っている人」と「痩せている人」がいますよね。

「あの人と私では体質が違うのよ」と、言ってしまえば、それまでですdespair

でも、その「体質」を作ってきた『習慣』=『太る癖』で、太っている人は、

気付かないうちに『太る癖』をしてしまっているのです( ̄□ ̄;)!

 

その『癖』の中に『噛む』という行為が含まれています。

同じものを食べるときに、体脂肪率25%の人は35%の人より、

なんとsign01倍の回数で噛んでいるという実験結果が出ているんです。

 

どうして「噛む」行為でこんなに違いが出るのでしょうか?

 

「噛む」行為により、「3つの痩せるホルモン」が分泌されます。

 

消化を促すホルモン………『ヒスタミン』

満足感を与えるホルモン…『セロトニン』

食欲を抑えるホルモン……『レプチン』

 

です。

この3つのホルモンが満腹中枢を刺激して、

腹八分目でも満腹感を感じることができるんですhappy01

 

このホルモンをたくさん出したいですよねhappy02

 

たくさん出してあげるには、

『ひとくちに30回以上噛む』

ことですsign03

 

野菜スティックや根菜類などの固いものを食べると、

たくさん「噛む」ことができるので、どんどん痩せるホルモンが出てきますよ(^^)

 

ちなみに、お寿司を食べる時は、イカやタコ、貝のような固いものから食べると、

食べ過ぎを防ぐことが出来るんですwink

 

13回を365日の食事を、少し意識するだけで、大きな違いになりますねhappy01

 

30回以上噛んで、『痩せる癖』をクセにしちゃいましょう*\(^o^)/*note

 

では次回もお楽しみに?♪( ´θ`)ノ

 

トータルケアmimi

花渕妙子clover

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿