「体内時計」②

2014年01月9日

明けましておめでとうございます!
お正月は、もちろん箱根駅伝をみて熱くなり、家族・親戚でとっても感動していた、スタッフの荻野です(^-^)☆

お待たせしました!
体内時計の続きで、今回は「自律神経」についてお話します(^o^)/

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」で構成されているということは、前回お伝えしましたね!

簡単にいうと、「交感神経」とは緊張状態、「副交感神経」はリラックス状態…というように全く逆の働きを受け持っています。

例えば、仕事中や家に帰るまで全然お腹は空いていなかったのに、家に着いたとたん急にお腹が空いて、いっぱい食べてしまった…なんてことはありませんか?
私はよくあります(^-^;)笑

これは、仕事や学校、スポーツなどで、集中・緊張しているときや動いているときは「交感神経」が働きます。

しかし、家でリラックス状態になると、空腹を伝える「副交感神経」が働き、すご~くお腹が空いて、食べなくてもいいのに食べ過ぎてしまう…なんてことが起こるんです(>_< 😉

この「交感神経」と「副交感神経」の勤務交代がスムーズに行われることが、「体内時計」が正常に働いているということになります。

また、「体内時計」が正常に働くと「脂肪燃焼サイクル」も正常に働きます。

食事の時間が不規則、睡眠時間が足りない…などの不規則な生活をしていると、当然、自律神経も乱れて、「脂肪燃焼サイクル」も狂ってしまうんです。

その結果、同じ努力をしても効果の出方に大きな差が生じてしまいます(>_<;)

お正月に太ってしまった方、不規則な生活になっていませんか?
まずは、自分の「生活サイクル」を見直してみてください(^-^)♪

次回の配信もお楽しみに(*・ω・)ノ☆ 

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿