「姿勢」①

2013年07月11日

こんにちは☆
この猛暑で、いつも汗だくです(>_<;)
着替えを2着用意しても追いつかない、スタッフの荻野です(笑)


さて今回は、まず何も意識せずに「いつも通りの姿勢」で普通に椅子に腰掛けて下さい。
そして、誰かに「胸元」を「げんこつ」でぐ~っと押してもらって立ち上がろうとしてください。

「立ち上がれた♪」でしょうか「立ち上がれなかった…」でしょうか?

実は、「立ち上がれた人」は、痩せやすい体質の人なんです!

逆に「立ち上げれなかった人」は、残念ながら痩せにくい体質の人…

では、なぜ立ち上がれたかそうでないかで、体質が変わるのでしょうか?

「立ち上がれた人」の場合、「腹筋」と「背筋」に結構な力が入っていたはずです。
逆に「立ち上がれなかった人」の場合、殆どそれがありません。

これはどういうことかと言うと、「腹筋」や「背筋」が常に「準備」をしているかどうか…の違いなんです。
正しい姿勢で座っている状態では常に筋肉が緊張していますが、背中が丸くなった状態では筋肉は緩んだままなので、イザという時に力が入りません。

「な~んだ、そんなことか。」と、あなどってはいけません!

「姿勢」というものは、寝ている時以外、1日約16時間ものあいだ、あなたの筋肉を支配します。

16時間ものあいだ、筋肉が「緊張」している状態か「弛緩」している状態が365日続くわけですから、それが何年もの年月に渡った時に、その「差」はかなり大きなものとなってしまいますよ。

では、正しい姿勢とは、どういう姿かは、次回にお伝えしますね☆
お楽しみに(`・ω´・)b

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿