食べ合わせ。その②

2013年03月2日

こんにちは☆
節分前日に、院長から恵方巻きを頂いたのに、節分まで待てず、貰った日に食べた鍼灸師の田中です(^^;)
一応、『南南東』に向いて、黙って食べたので、願い事は叶うだろう。と思ってます(笑)

お待たせしました(^o^ゞ
前回の続きで、「脂質」と一緒に摂ると良い「食べ合わせ」をお伝えします☆

●脂質の摂り過ぎを防ぐ食べ合わせは、
「脂質+酸っぱいもの」です。

酢やフルーツに含まれる「クエン酸」はエネルギー代謝をUPさせ、脂肪燃焼を促す働きがあるので「脂っこいものを食べる前」に摂り入れると有効ですよ(^o^)

さらに!今回は「炭水化物」と「脂質」の2つを、同時に解決する食べ合わせも教えちゃいます!
それは、
『ねばねば食品』です。

滋養効果もあるヤマイモや納豆、オクラ、なめこ、れんこん等の『ねばねば食品』は、低カロリーなだけでなく、その「ねばねば成分」も実は「食物繊維」でもあります。
また、体内で油をはじき、脂肪の吸収を妨いでくれるという何とも有難い働きがあるんですよ。

以上が、上手な「逃げ道」です。
「ひじきの煮物」や「唐揚げの付け合わせのレモン」「納豆ご飯」など、「和食」にはもともとそういう知恵&工夫がいろいろ盛り込まれているんですよね!

ただし!いくら「プラスマイナスの食べ合わせ」を知っていても、毎日のように「オキテ破り」をしていたのでは、体重が落ちることはありませんので、そこのところはくれぐれも注意して下さいね☆

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿