噛む回数は何回ですか?

2012年10月30日

さて、同じものを食べているのに、「太っている人」と「痩せている人」がいますよね。
「あの人と私では体質が違うのよ…」と、言ってしまえば、それまでです。
しかし、その「体質」を作ってきた『習慣』が『太る癖』で、太っている人は、気付かないうちに『太る癖』をしてしまっているのです( ̄□ ̄;)!

その『癖』の中に『噛む』という行為が含まれています。
同じものを食べるときに、体脂肪率25%の人は35%の人より、なんと!倍の回数で噛んでいるという実験結果が出ているんです。

では、なぜ「噛む」行為でこんなに違いが出るのでしょうか。

「噛む」行為により、「3つの痩せるホルモン」が分泌されます。
消化を促すホルモン・満足感を与えるホルモン・食欲を抑えるホルモンです。
この3つのホルモンが満腹中枢を刺激して、腹八分目でも満腹感を感じることができるんです。

このホルモンをたくさん出したいですよね(^o^)
たくさん出してあげるには、『ひとくちに30回以上噛む』ことです!
野菜スティックや根菜類などの固いものを食べると、たくさん「噛む」ことができるので、どんどん痩せるホルモンが出てきますよ(^∀^)♪

30回以上噛んで、痩せる癖を身につけましょう☆

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿