入浴の仕方

2012年10月26日

今日は少し暖かいですね。
前回、食事や筋肉量、自律神経が体の中の熱を作ることをお伝えしました。

でも、食事内容を変えたり、トレーニングして筋肉ムキムキで、緊張しない生活にする!と、生活を一気に変えるなんて無理ですよね(–;)

生活を一気に変えるのは無理ですが、冷えた体を、外から温めるのに効果的なのが『入浴』です♪

でも、今は寒波がキツくて、足先や指先がいつもより冷たくなって、お風呂に浸かると、
足がジンジンする…
いつもより熱く感じる…
なんだか、のぼせそうだから早く上がろう…
と、体がなかなか温もりにくいな。と感じたことないですか?

体には冷えている部分と温かい部分が混ざっているので、お風呂で体をいっぺんに温めようとすると、冷えがとれる前にのぼせてしまうんです!

あと、お風呂に浸かっても、30秒や1分・5分と浸かっている時間が短い人は、体の芯までなかなか温もらないんですよ。

さっき、体には、冷えてる部分と温かい部分があると話しましたが、特に冷えてる部分って『下半身』だと思います。

なので、まずは半身浴で下半身を温めて、下半身が温まったら、全身浴にすると、体全体がバランスよく温まりますよ(^-^)
半身浴がイヤな方は、足先だけでもいいので温めてくださいね☆

もっと、体を温めたい方は『バスパウダー』を使うと、湯冷めしにくくて、ぐっすり眠れますよ(*^▽^*)
ぐっすり眠れるということは、代謝がアップ→浮腫まない→痩せる!です。

下半身太りはむくみが原因です。
お風呂で1日のむくみをリセットしましょうね☆

ページの先頭へ戻る

ブログ

ブログ

  • アーカイブ

    最近の投稿